FreedeoはGetDとLe-Visionに対する訴訟を起こす

- Jun 23, 2017 -

2017-06-20

Freedeoは、現在、中国の深セン裁判所において、GetDおよびLe-Visionの母企業に対して、彼らが現在製造および販売している偏光3D映画システムに関する特許侵害訴訟を開始したと発表しました。

全体として、4件の訴訟が提起され、2017-03-24で2件、2017-04-26で2件の訴訟が提起された。 FreedeoブランドのオーナーであるShenzhen Time Waying Technology Limitedは、中国北京NEEQ理事会の上場企業であり、2017-03-28および2017-04-28でそれぞれ公表されました。

GetDブランドのオーナーであるShenzhen Future 3D Technology LimitedとLe Visionブランドの所有者である深センLe-Vision Technology Limitedに対する2017-03-24の訴訟は、中国特許ZL201220733230.5を侵害しています。 同じ2社に対して2017-04-26で提起された訴訟は、中国特許ZL201320549548.2を侵害したことによるものです。

訴訟では、Time Wayingは深セン裁判所管轄区がタイムウェイングを支持していれば、GetDとLe-Visionは侵害製品の製造と販売を直ちに停止し、すべての完成品在庫を破棄するよう要求しています。

Freedeoについて:深センTime Waying Technology Ltd.は、Freedeoブランドの映画館3Dシステムを開発、製造、販売しており、中国で最大の設置拠点を有しています。 彼らの高品質で高性能な3D機器の生産ラインは、中国の強い知的財産によって支えられています。

 


上一条:3Dアイウェアの製作プロセス 次条:3Dアイウェア主な理由